ある男の波乱万丈人生の幸せ追及日記 ~愛する息子に捧ぐ~

元役者で転職12回、結婚4回、50才過ぎて初子育てと、何かと波乱万丈な人生を歩んでいます。過去を振り返り、これからの人生の幸せを考えて行きます!

慣れって怖い!?

 本日少し遅いタイミングとなってしまいましたが、妻と息子と花見に行って来ました。

 

 密を避けるため、混雑しそうな有名な場所や混雑しそうな時間を避けて行ったのが功を奏したのか、穴場的な場所を見つけ、私たち家族だけで桜を見る事が出来ました。

 

 少し葉桜になりそうな樹もありましたが、全体的にきれいに咲いていて良かったです。

 

 息子は今年生まれて2回目の桜です(本人はまだ覚えてないとは思いますが)。

 

 

 さて、今回の本題に入らせていただきます。

 

 すっかり世間は春休みに入り、私が仕事で通勤している博多駅も人でごった返しています。

 

 ほんの少し前までは、今みたいに人がいなかったため、急にやたら活気づいてきたなと思っております(自由に動けないって確かにつらいですよね)。

 

 緊急事態宣言って意味あるのかな?と思っておりましたが、人の動きがこれだけ活発になっているという事は、やはり一定の効果ってあったんですかね。

 

 リバウンドだけはイヤですが、最近またちょっと怪しい雰囲気ですね。

 

 いつまでこの繰り返しなんだか、、。

 

 

 通勤の際にその大勢の人を見ていて、私はある違和感を覚えます。

 

 それは、これだけ大勢の人たちが駅構内を歩いていながら、みんながみんなマスク姿なのです(当たり前でしょ。そんな事って声が聞こえてきそうですが、、)!

 

 そんな私ももちろんマスクをしていますが、ふと冷静になって周りを見渡すと、老若男女問わず皆さんマスク姿なんですよね。

 

 感染予防対策として今や当たり前と言われているので、皆さん偉いなとは思いますが、昨年の緊急事態宣言の最中は、市場からマスクが消えていた事もあり、マスクを着用している方は大体二人に一人程度といった感じだったので、今になり尚更違和感を感じてしまいました。

 

 私は昨年は新店のオープンを待ちながら、会社から休業補償を受けていて、夏頃から週2回勤務でセールス課の業務を手伝い、ホテルとの契約法人を回っておりました。

 

 結局秋には新店の話が正式に無くなってしまったので、そのまま週2回勤務で営業を続けていたのですが、さすがに半年間もの間休業させているのは申し訳ないと会社も思ったらしく、11月からはフル出勤に変わりました。

 

 週2回とはいえ飛び込み営業ではなく、契約法人周りの営業だったので、延べ100人ほどの方と名刺交換をさせていただきました。

 

 そこから2ヶ月後の2021年の始まりとともに、正式にセールス課への配属が決まり、今に至ります。

 

 現在も法人や旅行会社等に営業をしておりますが、その営業に関してふと疑問が出てきます。

 

 それは何かというと、かなりの数の方とお会いしてきたのに、私自身が皆様の顔を覚えていないのです!

 

 これは営業マンとして致命的な事だと思うのですが、お会いする方お会いする方皆さん顔の1/3しか出ていません、、、。

 

 冒頭の博多駅でなぜにふと思ったかと申しますと、昨年回った企業に私は新店の支配人としてその名刺を持ち、各企業様へご挨拶に伺ったのですが、今年セールス課への配属変更があったため、現在その回った企業に改めてご挨拶に行っております。

 

 再びお会いした際に、自分が思っていたイメージでは無い事が多く、なかなかの確率で困ったなと感じる場面が多いのです。

 

 それは先方のご担当者にも言えることで、昨年結構お話しさせていただいて、私の中で印象が強く残っている方なのに、私が伺った際に初めて会うような雰囲気を出される方も結構います(向こうも向こうでこんな人だったっけ?と思っていると思います)。

 

 目から下は全て隠されている訳ですし、仕方ないといえば仕方ないですが、営業ってまずは顔合わせですし、「これって意味あるのかな?」と正直思っている今日この頃です(余程特徴のある髪型や髪の色、特殊なメガネとかであれば覚えているかとは思いますが、サラリーマンだとなかなかそんな人いないですしね、、)。

 

 今から気温も上昇し、春から夏を迎える時期も近づいているだけに、これからは冬と違ってマスクは息苦しくなる季節ですね、、。

 

 いつまでこのマスク姿が当たり前という世の中が続くのか、専門家でもない私にはその時期は分かりませんし予測も不可能ですが、目でしか語れないこんな社会は私は早く終わって欲しいなと思います(目は口ほどに物を言うとは言いますが、あくまで顔全部が出ていて成り立つ事かなと個人的には感じます)。

 

 昔から知っている人がマスク姿ならば、そのマスクを取った顔を自分の脳が覚えていますが、新たに知り合った方の場合はあまりにも情報が不足していて、顔の印象って残りにくいものなんだなと実感しました。

 

 女性スタッフは化粧代がかからないし、朝が楽だからマスク姿の方がいいっていう方が多いですが、スタッフはスタッフでお客様の顔を覚え辛いかと思います。

 

 昨年までは営業に行っても、お互いが「マスク姿ですいません」といった会話が先ず交わされていましたが、今年に入ってからその言葉を言って下さる方にひとりもお会いしておりません。

 

 私は営業マンの立場ですし、そういう気持ちが常にあるため、未だにその言葉を必ず言って回っているのですが、先方は誰も言ってくれなくなってきており、本当に慣れって怖いなと感じました。

 

 ただ単に私に世の中に対する順応性が無いだけかもしれませんが、縁あってせっかくお会いしたのにも関わらず、顔もはっきり思い出せない関係は少し寂しい気がします。

 

 本当に早くみんなが普通に暮らせる世の中に戻ればいいなぁと感じたお話でした。

 

 本日も長い文章にお付き合いいただきありがとうございました!