ある男の波乱万丈人生の幸せ追及日記 ~愛する息子に捧ぐ~

元役者で転職12回、結婚4回、50才過ぎて初子育てと、何かと波乱万丈な人生を歩んでいます。過去を振り返り、これからの人生の幸せを考えて行きます!

仕事上、、、。

 私の仕事が宿泊業なので、昨今頻繁に流れる新型コロナウイルス関連のニュースが気にならないかと言えばウソになります。

 

 ただ、昨年から感染者の推移が増えたり減ったりとずっと変動していて、我々の業界の実績に直結するため、営業に回る際も旅行会社や企業のご担当者の方ともその話題になることが多いです。

 

 緊急事態宣言が解除され、ようやく首都圏や関西圏から出張者や旅行者の需要が見込めると思いきや、今度はまた変異株が現れて再び感染者が各地で増えています。

 

 旅行会社さんからもスポーツ団体のご予約をいただいていたのに、今回の件でまた全てキャンセルとなりました(今年は本当にこの繰り返しが多いです)。

 

 昨年から1年以上この状態が続いており、最近自粛疲れ等が叫ばれていて、世間の皆様が飲み歩いているというニュースも良く目にします。

 

 私は基本的に自宅が大好きな上にお酒も全く飲めないため、自粛疲れというのはあまり感じませんが、この一喜一憂する世の中の流れに激しく振り回されることに、非常に疲れました。

 

 せっかく取ってきた案件も、全部が全部ものの見事に覆されますし、考えてはいけないことですが最近心の中でこう思ってしまいます。

 

 「今、営業に行って意味がある?」と。

 

 旅行会社さんも、せいぜい来年以降の修学旅行の案件くらいしか入ってきませんし、スポーツ団体も延期とキャンセルの繰り返しです。

 

 また、企業も各都道府県に支店がある大きな会社ほど、状況が悪化すると出張を控えるところが多いのが現状です。

 

 先々月も、緊急事態宣言解除後を見越して、外国人技能実習生をホテルに受け入れる営業を、九州各地にある協同組合に対し行いましたが、結局その話も振り出しに戻りました。

 

 このままさらに感染者が増え続ければ、また同じことの繰り返しです。

 

 何とか自らを鼓舞しなければいけないのですが、ずーっとこれを繰り返しているとなかなか難しいです。

 

 あまり政治の悪口を言うのは好きではありませんが、いつも場当たり的な対応をしているとしか思えず、頑張って仕事をしている身としては正直むなしくなってきます。

 

 スポーツ案件はすべてキャンセルなのに、なぜかオリンピックは出来るんだと不思議でしょうがありません。

 

 倒産件数も昨年から同じ業種でかなり多く起こっていますし、明日は我が身かとニュースを見ながら考える自分もどこかにいます。

 

 「あー。何か気持ちがすっきりしない」と日々感じています。

 

 幼い息子と遊びながらも心のどこかで「パパ頑張るね。だけどどうなんだろうね、この先はね。大丈夫って言えないね」なんて言葉も脳裏に浮かんできます。

 

 自粛疲れというよりも、様々な情報が交錯しあうことに神経を尖らせていて、完全にその疲れはきていると思います。

 

 ニュースを見なければいい話なのですが、どうしても私の営業と言う職種上、営業先でニュースの話がほとんど出るため、見ないという訳にもいきません。

 

 何回か言っておりますが、苦しいのはどの業種も一緒だとは分かっています。

でも私たちの業界はリモートでは成り立たないのです。

 

 今月、会社で社内アンケートが実施されました。

周りの話を聞いていても下馬評で過去最悪の点数になるのではないかと予想されます。

 

 ただ、社内アンケートを実施したからといって世の中がこの状態であれば、この業界に明るい未来は無いのですし、私はアンケートには会社の悪口は書きませんでした(一番の稼ぎ頭である現場は大切にして欲しいとリクエストはしましたが)。

 

 会社で何とか出来ることと、出来ないことがあると思いますし、このご時世で昇給や賞与は望んでいません。

 

 給与面とかそういう限定的な安心が欲しいのではなく、何か社会全体が明るい未来に向かって歩みだしたなという実感が欲しいのです(いやいや今は無理でしょというのは重々承知ですが、、)。

 

 ブログでは愚痴を書かないと思っていた私でしたが、昨年からのこの流れの変化の無さと、引越し疲れでマイナス面が顔を出した気がします。

 

 あまり意味が無い意味が無いと考えていてもどうしようもないですし、あとからご担当者の方と「そんな時もありましたね」と言えるようになればいいですね。

 

 「明けない夜はない」と言いますが、どこかでは終息するのだと思います。

 

 愚痴を吐き出すだけ吐き出して、また明日からも気を取り直し営業を頑張りたいと思います!

 

 本日も長い文章にお付き合いいただきありがとうございました!